■プロフィール

やどみん

Author:やどみん
2011.4 ミニベロ購入
2011.7 ロード(COLNAGO)購入
2015.8 ロード(DE ROSA)購入
ひょんなことから自転車にハマリ…
群馬県内と近郊の四季折々の景色、美味しいもの、昭和レトロなお店などを巡って走り続けている、旅情派サイクリストです

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■カウンター

■フリーエリア
■リンク
■検索フォーム

■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
■RSSリンクの表示
■月別アーカイブ
■最新トラックバック
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
埼玉 紅葉ライド
いきなり冬が来ちゃった感じで寒いです

本日は、突然のお誘いにのってくださった信nariさん、titiさんの紳士お2人と…お仕事が忙しいのにランチ&帰宅までのライドをしてくださったしーちゃんです。

行き先は、私が決めてみました

集合場所、ららん藤岡へ
予定より早くついたので、補給


ではでは、私の先導で出発です
まずは鬼石方面に

で、いつものことですが曲がる道を間違えて…
戻って、県道462を左折し…本庄方面へ
坂道というほどの道ではないですが、紳士には先に行ってもらおうかと

行ってしまったのは、下り番丁のtitiさん
前、ご一緒したときよりも速くなってて

目印のコンビニを右折
ハーレー乗りの団体とすれ違いながらゆるゆる上って

はい、また入り口を間違えて

着いたところは

  

間瀬ダム(間瀬堰堤)です
このダムは大正8年~昭和13年にかけて造られ、東日本最古の農業用ダムだそうです
周りはなんとなく寂しいですが…とてもレトロ感たっぷりで


で、そのままのぼります
3人でお話しながらでしたが、息があがって鼻水は出るしで…ふがふがしながら到着

 

何度か、この峠に来てますが…景色がよくて

ちょいと戻って今度は、林道陣見山線へ
またの名を陣見山ビューライン



この道は前から気になっていたのですが、今回が初めてでまったく未知の道

枯れ葉は多いですが、車の通りはなく走りやすかったです
上りは終わりかな?って何度も思う道で笑っちゃいましたょ

間瀬峠→林道陣見山線にin→不動峠→糠掃峠→出牛峠と通って皆野へ

読み方がわからない峠だったので、帰宅して調べてみた
糠掃峠:ぬかばきとうげ
出牛峠:じゅしとうげ
なかなか、読めないですよね

  

湧き水がでていました
ちょっと、止まってひと口
(ちょうど、足が疲れていたのでナイスなタイミング)

右側がひらければ、桐生や太田がみえたり… 少しすすむと万場、鬼石がみえたり。左側がひらけると、長瀞秩父が見えたりと景色がよくて最高

最後の峠が終わると下り番丁は一気に行かれてしまいました


で、県道13号を鬼石方面にもどり走っていると…なにやら見たことのある車が



いつもお世話になってるshopの車です
気づいてくださり、少しお話しました

で、さらに上って…下って 神流町へ

時間をみると、まだお昼には早いかな?
ってことで、信nariさんの口からでた行きし先は な、な、なのんと「桜山公園」

がびぃ~~ん

知る人ぞ知る、激坂の上にある公園
いろいろな方から聞いている

立コケしたとか、撃沈したとか…

まぁ、上まで行けなくても行けるところまでってことでものは試しlet's go

初っぱなは、あれ?行けちゃうんじゃない?
なんて錯覚をおこす

だが、しかし そうは問屋がおろさない
やっぱり、案の定 撃沈であります

残り3㌔の看板まで行って、アウト

写真も撮ったはずが撮れてない有り様です

ほいじゃ、お腹も空いたのでランチの場所までびゅぃーーーん

  


ランチ場所にはしーちゃんが
久しぶりにお会いできて嬉しかった

しーちゃんプレゼンツ
上里にある「夢みるパサリ」です
おっしゃれぇ~なお店でしたよ
お庭にはラベンダー畑があって、今度は見頃に来店したいな

帰りはしーちゃんが先導でびゅぃーーーんと藤岡まで行って、解散

私は1人で自宅とは逆方向のららん藤岡まで…
だって、スタンプラリーのスタンプ押さなくちゃ
(朝はまだ物産館が開いてなかったんです)

帰りは向かい風に向かって漕ぐ漕ぐ

 

夕陽に向かって 漕ぐ漕ぐ


今日は先導が役立たずですみません
って反省でしたが、みなさんとても楽しい時間をありがとうございました

また、よろしくお願いします


走行距離 118㌔

スポンサーサイト
自転車 colnago | 20:02:31 | トラックバック(0) | コメント(6)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。